ようこそ 神奈川SGGクラブへ

Q1:KSGGの正式名称は何ですか?
「神奈川SGGクラブ」といいます。英語でKanagawa Systematized Goodwill Guide といい、日本政府観光局(JNTO)が管理する「善意通訳 登録者(Goodwill Guide)」(略称:GG)の有志の任意団体です。
Q2:何を主に行う団体(クラブ)ですか?
県内在住のGG有志によって、横浜、鎌倉、川崎など県内を訪れる観光客、県内在住の留学生や一般外国人に観光案内や日本文化の紹介、日本語支援などを行います。
Q3: KSGGのメンバーになるにはどうすればよろしいですか?
初めに、JNTOのホームページから、GGの登録をします。次に、KSGGの行う月次例会(第二土曜日)に少なくとも3回オブザーバーとして出席の上、別途開催される「入会希望者オリエンテーション」を受講し、入会申込書を提出して下さい。その申請を役員会が承認したのち、正式入会となります。なお、入会前でも定期的に行われているHIDA、JICA研修生の鎌倉案内に、オブザーバーとして参加することが出来ます。
Q4: 会員になるために何か資格が必要ですか?
善意通訳者の精神を理解し、外国人の案内と支援ができる基本的な語学力があれば、どなたでも会員となることが出来ます。
Q5: KSGGの会員総数とその男女の構成比率はどのくらいですか?
2017年4月現在の会員数は363で、男性:女性=53:47です。
Q6: 使用される外国語はどのような言葉がありますか?
英語以外にスペイン語、中国語のニーズが高く、その他フランス語、イタリア語、ドイツ語、韓国語、タイ語などに対応しています。
Q7: 会費はいくらですか? いつそれを支払いますか?
入会時5,000円を支払います(但し、10月以降の入会は当該年度のみ2,500円)。入会次年度以降は年会費として4月の定期総会時5,000円を支払います。
Q8: 観光ガイドのほかにどのような活動をしていますか?
JICAやHIDAの研修生の団体観光ガイドや個人観光客のガイドをしますが、そのほかに留学生の日本語のチューター(個人指導)や日本文化(例えば、お茶、いけばな、折り紙など)の紹介と実演を定期的に行っています。
Q9: 英語力を向上させたいのですが、研修の場はありますか?
はい、英語だけではなく、フランス語、中国語、スペイン語、タイ語、インドネシア語、ドイツ語、韓国語の勉強会のクラスがあります。それは会員の有志が行っており、勉強会で学んだことを実際の活動に活かしています。
Q10: 語学の勉強会以外にどのような研修会がありますか?
語学以外では、国際理解講座や特別講座、ガイド実地研修、新入会員を対象とした基本学習講座、折り紙教室、そのほか臨時の研修会が行われています。開催などのスケジュールは会報やホームページに告示されています。 
Q11: 横浜・鎌倉・藤沢(江の島)・川崎以外の観光地にもガイドをお願いできますか?
その地域以外には同行しません。ご希望の地域を教えていただければ、該当地域のSGGクラブにガイドを紹介していただくよう手配致します。
Q12: 観光案内の際、傷害保険の付保はされていますか?
お客さまについては、ご自身で旅行保険や個人傷害保険などを付保されていることを前提にしております。ただし、当クラブ会員については任意団体傷害保険に加入しています。

ページTopに戻る